持続可能なライフスタイルの提案


 1.価値観を変える所有から利用へ、量から質へ、画一から多様へ

  土地、金融資産の有効活用促進(貯蓄から投資へ、財政破綻、年金崩壊、インフレに備える。)

土地は財産ではない!細分化された土地の共同利用(土地私権を規制し、土地の利用価値を高め、有効利用を促進する。)

安価な規格大量生産から高付加価値の多品種少量生産へ


 2.自然との共生田舎暮らし

  過疎化する農村の再生(地産地消、大都市から農村への移住『二地域居住』を促進し、農村の消費者を増やす。)

駅から歩いて暮らせるコミュニティー(バリアフリー・コンパクト・シティー)の創生

プロシュマー(生産する消費者=生活者)の育成

持続可能な省エネルギー循環型システムの構築(山林、農地、海洋資源の有効活用、間伐材の有効利用)


 3.生涯現役生活習慣病の防止

  食生活、運動習慣の改善で寝たきりを予防、リハビリで脱介護

マルチ世代共同生活(小規模集合住宅)のすすめ(高齢者だけが住む老人ホームは隔離収容所、一人暮らしは寝たきり予備軍)



 4.海外暮らし

  低コスト年金生活



戻る